「日本一おいしい豚肉」を作るために、「正々堂々」と勝負できる仕事

interview01
農場コンサルサービス部獣医師
2013年10月入社

農場と二人三脚で良い農場を
目指す

私の仕事は「農場コンサルタント」です。担当している農場を回って生産問題を指摘し、指導するのと同時に、経営状況や財務関係についても指摘します。現在は、秋田県、福島県、三重県ほか約20か所の農場を担当していますが、私が担当している農場の数は、社内では少ないほうです。

農場の依頼はオーダーメイド

農場ごとに抱える問題や課題は異なります。農場の依頼は、農場ごとに異なります。まさに「オーダーメイド」です。何度かの巡回で、その農場の状況を把握しなければなりませんので、農場に行くときはいつも、農場の方と“とことん”話し合います。その上で、データを見ながら状況を把握し、解決策を探していきます。その際に必要なのは「情報の整理とスピード感」です。
また、この部署は、豚の生産から豚が出荷されていった先の情報まで追いかける、会社の全体に関わる部署です。風当たりの強い部署で、農場の成績が上がらないと獣医の責任になります。手を抜くことはできないし、嘘もつけません。その分、正々堂々とやれるところがいいところです。悩みや苦労が多い分、担当している農場が良い評価をいただけたときは嬉しいですね。
生産成績が上がり、農場の方から「ありがたいよ」という感謝の言葉をいただけることもやりがいにつながっています。

すべては
「日本一おいしい豚肉」のために

「日本一おいしい豚肉を作る」「税金を払える経営を」という会社のスローガンが気に入っています。
この2点がないと、本当においしいものは作れないと思います。
前職では現場のことしかわかりませんでしたが、この会社に入ってから、農場経営や財務について学ばせてもらっています。現在担当している農場の中に、近く、投資を控えている農場がいくつかあります。投資は初めての経験なので、計画をしっかり立て、農場とタッグを組んで成功させたいです。

就職を検討している方へメッセージ

この会社の良いところは「アットホーム」なところです。ボウリング大会やバーベキューなど、会社行事もたくさんあります。また、業務を進める上で、相談できる先輩がたくさんいるのも強みです。横のつながりも、縦のつながりも実感できる会社です。
常に新しいことをやっていく向上心、目新しいことを取り入れていく意欲のある方、一緒に「和豚もちぶた」をかみしめましょう。「和豚もちぶた」を一緒に味わえる仲間が欲しいです。