目指すのは「オンリーワン」の獣医師

interview01
獣医コンサル部
2018年4月入社

遠回りしてたどり着いた
憧れの職業

父が獣医師なので子どもの頃から獣医師に憧れがあったのですが、高校時代、理系に苦手意識を抱き、獣医師の道を諦め商学部に進学しました。大学では会計を学んでいたのですが、大学で勉強するうちに「やればできたのではないか」と、獣医師への憧れが再燃。思い切って方向転換を図りました。大学卒業後、1年勉強して獣医学部に入学し、獣医師免許を取得し、昨年、新卒でグローバルピッグファームに入社しました。
地元が群馬なので、以前から「ハム工房」で買い物をするなど、会社に馴染みがあったのもこの会社を選んだポイントでした。当時から「おいしいソーセージがある。味は確かなものがあるな」と思っていたのですが、まさか自分が生産側の人間になるなんて当時は全く思っていませんでしたので、驚いています。「豚肉を買うならグローバル」という声を近所の人から聞いたりすると、とても嬉しいですね。

農場研修から得たこと

入社後1年間は岐阜の農場で研修をしてきたのですが、研修の後半は近隣で発生した大規模な豚コレラ問題に直面しました。自分の農場に病気が入ってしまうかもしれない不安と戦いながら豚たちを守る農場の方の気持ちが、手に取るように分かりました。研修を通して農場の皆さんと同じ気持ちを共有できたことは、今後仕事をしていく上でとても貴重な体験だったと思います。

引き出しの多い
オンリーワンの獣医師に

農場を訪問し、生産面から、経営状況や財務関係に至るまで、農場経営全般についてアドバイスする「農場コンサルタント」が獣医師の仕事です。私はまだまだ分析も現場判断もできないので、今は、先輩についてやり方を勉強しているところです。
先輩を見ていると、データからある程度の問題点を抽出する点や、豚の知識だけでなく、豚舎の構造や環境をどう変えればいいかなど、視点が的確です。

農場の方々は毎日豚に接している飼育のプロです。私はピンポイントで農場を訪れるだけですから、彼らには経験値ではかないません。今後はそんな皆さんと一緒にお仕事をしていくので、農場の皆さんをより良い方向に導けるよう、視野を広く持ち、どんな状態にも対応できるようになりたいです。そしてどんな時でも、農場研修で感じた“初心”を忘れずにいたいです。最初の1年は一つの農場にいましたが、最近は色々な農場を回り、自分の中に引き出しが増えてきているように思います。コンサルはまだ始まっていませんが、準備が整っていく感覚を感じています。

グローバルピッグファームでは、獣医師は豚の状況を診るだけでなく、財務関係や出荷計画など、経営学にも触れることができます。だからこそ、大学で学んだ会計知識を生かして「オンリーワン」の獣医師になりたいと思っています。

就職を検討している方へメッセージ

入社後、農場で研修が受けられるのはこの会社ならではだと思います。獣医学を学んだだけでは分からなかった農場の知識を研修で補うことができました。この会社は、いつでも誰にでもよく教えてもらえる、学ぶ機会の多い会社です。一緒に学びながら成長しましょう。