GPF グローバルピッグファーム株式会社

安心・安全・おいしい豚肉「和豚もちぶた」自信を持ってお届けしています。


  • ホーム
  • ニュース
  • GPFの養豚
  • 養豚家の皆様へ
  • 商品紹介
  • 食の安心への取り組み
  • 企業情報
  • 採用情報

パッキングプラントへの進出〜ブランドを強化するポークチェーン

※1.豚肉製品が、生体の段階から消費者に至までの全過程のつながりを表す言葉。豚肉の供給網(サプライチェン)のこと。

食肉処理加工センターを設立することにより、育種から商品出荷まで一貫した管理体制を構築。「和豚もちぶた」のブランド力をさらに高めていきます。

食肉処理加工センターの設立によるブランド力の強化

畜産の場合、食肉処理加工センターはどうしても必要な設備。グローバルピッグファームでは、自分達で解体処理し加工まで行える食肉センターの設立を目指してきました。そして2015年新潟県新発田市に食肉処理加工センター「しばたパッカーズ」が完成し我々が目指す6次産業化の一歩を踏み出しました。これにより、育種、専用飼料から始まり、生産管理、出荷まで一貫して行う垂直のポークチェーンが完成し「和豚もちぶた」のブランド・アイデンティティがより強化されました。
 「和豚もちぶた」は銘柄豚として、一般的な精肉より若干高く販売されているかもしれません。少々高くとも「買いたい」と思われる、おいしくて安全な豚肉作りを今後もしていきたいと私達は考えています。

養豚業界で発展していく力

大規模農場化が進む養豚業界の中で、グローバルピッグファームのメンバーを構成する養豚農家は、小規模家族経営がほとんど。
 私たちは家族経営であることを逆に強みにして、これまで発展してきました。法人化とデータ分析によって経営を向上させる一方、競争の原理や、後継者を他のグループ農場の実地で学ばせることで学習効果を上げるなど、家族経営ならではの「結いの精神」を活かした経営を行ってきたのです。
 豚肉の国内自給率が50%を切り、農家戸数が減少する中、安心・安全な高品質の豚肉づくりには、私たちグループのような小さな家族経営養豚農家が結束して発展することが大切と考えています。

このページの先頭へ